愛媛県松山の愛媛インプラントクリニックのブログです

専門医によるインプラント治療

愛媛インプラントクリニック かまくら歯科HOMEブログ > 左右の奥歯で噛むことは大切なことです。

ブログ

左右の奥歯で噛むことは大切なことです。

鎌倉聡
2016.12.19
投稿者:鎌倉聡

左下の奥歯を2本失った方に2本のインプラントを埋入し、左側でも噛めるようにいたしました。

この方は、幾つかの苦労がありました。

まず、一つは歯周病に罹患していたこと。

歯周病は、手術を行う前に衛生士が歯ブラシの見直しと歯周病治療(歯石とり)で沈静化しました。その上で埋入手術を行っております。

もう一つは、インプラントが骨と癒着し、型を取って人工歯を装着した後、仮に使っていただくと人工歯の周りに食べ物が詰まるということでした。

何度か、技工士と相談し人工歯の形を変えて食べ物が自然に流れる違和感のない形に仕上げました。

インプラントは歯を失ったところに行いますが、歯を失ってから時間が経つと体が歯がないことに慣れてしまって、新しく歯が入った時に強い違和感を感じる場合があります。

時間をかけて慣れてもらったり気になる部分の形を少し修正したりしてなじませていきます。

dsc_0004dsc_0004-2 dsc_0006 dsc_0007

  • tel:0120160229
  • 24時間受付、個別無料カウンセリングインターネット申し込み
個別無料カウンセリング
tel:0120160229
WEBで申し込み

*

  • ブログ:インプラントの情報満載
  • 同業歯科医院様からのご質問・症例窓口
  • 毎月第一火曜日はインプラントプランニング教室開催中!

Contents

インプラントへのこだわり
インプラントについて
All-on-4(オールオンフォー)について
費用
無痛インプラントについて
1〜3本インプラントを埋入されたい方へ
他院でインプラントを断られた方へ
安心して治療を受けて頂くための準備
院長プロフィール
個別無料カウンセリングのご案内
  • 求人案内
  • かまくら歯科の公式サイト
ページの先頭へ戻る