愛媛県松山の愛媛インプラントクリニックかまくら歯科ではインプラント専用オペ室、歯科用CT完備しています

専門医によるインプラント治療

愛媛インプラントクリニック かまくら歯科HOMEインプラント専用オペ室、歯科用CT完備

歯科用CTを導入しています

歯科用CTを導入しています 歯科用CTを持っている数少ない医院です。そのCTを分析するソフトもあり、患者さんの目の前で診断まで出来ます。
治療している時にでもCTを撮って、微調整が可能です。これにより、数年前では出来なかった、更に精度の高い治療が出来るようになりました。
愛媛県内で歯科用CTを持っている歯医者は、そう多くありません。

歯科用CT
CTについて
CTについて少し解説してみたいと思います。

CT(CTスキャナー)とは、「コンピューター断層撮影装置」のことで、通常のレントゲン写真が2次元のみの撮影なのに対し、3次元(水平・垂直・奥行)で撮影できるため、見たい断面を自在に表示でき、3D画像での診断が可能です。

撮影時間も短く、撮影部位や撮影画像にもよりますが、約19秒で撮影が終了します。

歯科用CTで出来ること

あごに埋まっている骨の診断

あごに埋まっている骨の診断

あごの中に埋まっている骨を立体的に診断することが出来ます。三次元の立体画像であらゆる方向から観察出来ます。また、自由に断面図を作成して診断することが出来ます。

あごの骨の診断

あごの骨の診断

あごの骨も立体的に撮影することが出来ます。インプラントはあごの骨に埋めるので、埋める場所の骨がしっかりしているかどうか、的確に診断出来ます。

インプラント埋入位置の把握

インプラント埋入位置の把握

これらの情報は、インプラント治療において重要な診断材料になります。インプラントの数、長さ、太さをあやゆる方向から診断して、適切な準備をすることが出来ます。治療の際には、神経などを避けて安全な位置、方向、深さを正確に意思決定することが出来ます。

歯科用CTを導入していない医院との違い

歯科用CTの無い医院の場合、CTは別の病院で撮る必要があります。その都度、撮影費用と分析費用が発生します。(約5万円程度かかる)
費用の問題もそうですが、実際の治療の際にCTは非常に強い味方になってくれます。実際の治療の際に、その場で詳細な顎の状態、神経の状態を確認しながら治療をすることが出来るからです。

CTが無い場合、誤解を恐れずにいうと「カン」で治療を行うことになります。もしインプラント治療を受ける場合は、CTを導入しているかどうか?という点は、一つ大きなポイントになってくると思います。

専用のオペ室を用意しています
専用のオペ室

インプラントの処置は、インプラント専用の個室のオペ室を用意しており、そこで設備を整えて治療を行っています。個室。つまり一般の治療の方とは別の空間を用意している理由は、オペ用の専用機材をしっかり揃えて、最高の環境をご用意するためには、それ相応のスペースが必要だからです。

最高の環境で患者様に貢献したいのが、我々の願いです。

  • tel:0120160229
  • 24時間受付、個別無料カウンセリングインターネット申し込み
個別無料カウンセリング
tel:0120160229
WEBで申し込み

*

  • ブログ:インプラントの情報満載
  • 同業歯科医院様からのご質問・症例窓口
  • 毎月第一火曜日はインプラントプランニング教室開催中!

Contents

インプラントへのこだわり
インプラントについて
All-on-4(オールオンフォー)について
費用
無痛インプラントについて
1〜3本インプラントを埋入されたい方へ
他院でインプラントを断られた方へ
安心して治療を受けて頂くための準備
院長プロフィール
個別無料カウンセリングのご案内
  • 求人案内
  • かまくら歯科の公式サイト
ページの先頭へ戻る