お電話
愛媛インプラントクリニック
かまくら歯科がご用意する8つの特徴

歯科用CTを導入しています

CTについて

CTについて
当院では歯科用CTを導入しています。そのCTを分析するソフトもあり、患者さんの目の前で診断まで出来ます。
治療している時にでもCTを撮って、微調整が可能です。これにより、数年前では出来なかった治療が出来るようになりました。
CTについて

CTについて少し解説してみたいと思います。

CT(CTスキャナー)とは、「コンピューター断層撮影装置」のことで、通常のレントゲン写真が2次元のみの撮影なのに対し、3次元(水平・垂直・奥行)で撮影できるため、見たい断面を自在に表示でき、3D画像での診断が可能です。

撮影時間も短く、撮影部位や撮影画像にもよりますが、約19秒で撮影が終了します。

歯科用CTで出来ること

あごに埋まっている骨の診断
あごの中に埋まっている骨を立体的に診断することが出来ます。三次元の立体画像であらゆる方向から観察出来ます。また、自由に断面図を作成して診断することが出来ます。
あごの骨の診断
あごの骨も立体的に撮影することが出来ます。インプラントはあごの骨に埋めるので、埋める場所の骨がしっかりしているかどうか、的確に診断出来ます。
インプラント埋入位置の把握
これらの情報は、インプラント治療において重要な診断材料になります。インプラントの数、長さ、太さをあやゆる方向から診断して、適切な準備をすることが出来ます。治療の際には、神経などを避けて安全な位置、方向、深さを正確に意思決定することが出来ます。

歯科用CTを導入していない医院との違い

歯科用CTの無い医院の場合、CTは別の病院で撮る必要があります。その都度、撮影費用と分析費用が発生します(約5万円程度かかる)。
費用の問題もそうですが、実際の治療の際にCTは非常に強い味方になってくれます。実際の治療の際に、その場で詳細な顎の状態、神経の状態を確認しながら治療をすることが出来るからです。

CTが無い場合、誤解を恐れずにいうと「カン」で治療を行うことになります。もしインプラント治療を受ける場合は、CTを導入しているかどうか?という点は、一つ大きなポイントになってくると思います。

当院がご用意する8つの特徴
お知らせ